Cause 顔コリについて

ポイントは咀嚼筋

表面だけではなく深部の筋肉もケアが大事

人間の顔の筋肉は大きく「表情筋」と「咀嚼筋」とに大別されます。表情筋とは文字通り表情を作る筋肉で皺眉筋、眼輪筋、笑筋などがそれにあたります。

もう一つは咀嚼筋です。

これは人が物を噛みくだく時に使う筋肉で、咬筋、側頭筋がそれです。

咀嚼筋は表情筋より深いところにあって顔の中では最も力のある筋肉です。実はこの咀嚼筋は顔の輪郭に大きく影響します。咀嚼筋が凝ると、筋肉内に乳酸が溜まり、血行が悪くなります。凝った筋肉は肥大し、その上に脂肪が乗り出します。

結果、エラのはり、ほうれい線、むくみ、たるみ、しわといった症状がおもてに出てくるのです。肩や背中のコリは服を着てしまえば隠せますが、顔は常に露出状態。最近そういえば体重は変わらないのに「太った?」って聞かれた経験ありませんか?

咀嚼筋の凝り、一刻も早く解消しなきゃ、ですね。

ページトップへ